残業代裁判 4次訴訟の受付を再開します。

会社との和解交渉は決裂しました。4次訴訟の受付を再開します。毎月、時効で1ヶ月分の請求ができなくなります。次回の受付終了日は、10月15日です。今すぐ、賃金裁判に参加しましょう!

賃金裁判で、東京地裁で勝利しました。そして7月16日高等裁判所でも勝利しました。そのあと、会社から和解交渉の提案があったので、全労は、残業代請求の裁判の申し込みの受付を中止していました。会社からは、検討にも値しない回答しか出てきませんでした。

全労は、解決は、要求金額+利息分(遅延損害金)からスタートと考えていましたが、会社の回答は、そのスタートラインの金額の半分にもなっていませんでした。これでは、話になりません。

全労は、会社に和解交渉は決裂したことを通告し、予定通り3次訴訟を提訴し、4次訴訟の受付を再開することにしました。

9月17日、3次訴訟を提訴しました。TBSテレビでも、その内容は報道されました。

4次訴訟の募集を再開しました。 今すぐ、応募してください。

インターネットから、資料をダウンロードできます。ダウンロードして印刷して、記入して、全労に送ってください。

インターネットに入れない方は、あなたの、住所とお名前、営業所と電話番号を、全労にFAXしてください。FAXできない人は、電話してください。こちらから、資料を送付します。

まもなく、賃金裁判の説明会の日程も決めていきます。その日程は、全労のホームページでもお知らせします。営業所前でもビラでお知らせします。ぜひ、参加してください。わからないことがあれば、質問してください。よろしくお願いします。

この賃金裁判は、だまされた残業代を取り戻す闘いであるだけでなく、国際自動車を、変えていく闘いでもあります。月額8000円の組合費から月額3800円の組合費に変え、国際自動車が、働きやすい会社に変えることができます。

みんなの力を集めて、会社を変えていきましょう。


国際自動車の乗務員178名が不払残業代約3億円の支払いを求めて提訴!

9月17日、178名(退職者68人を含む)が、不払残業代約2億9510万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に提起しました。 今回の提訴は、第一次訴訟、第二次訴訟に続く第三次訴訟。第一次、第二次ではそれぞれの原告が14名であったが、今回、これまでの10倍をこえる原告が集まりました。 国際全労では、更に、第四次訴訟原告の募集を行います。

9月15日、会社側の弁護士より、最終和解協議の提案が指宿弁護士へ直接提示されました。

会社側和解案は我々組合の提示した和解案に対して、会社側の真摯な対応は、まったく認められませんでした。
かねてから予定をしていました17日、今現在4次訴訟の分を3次に組み込む形で、第3次訴訟を提訴しました。

午後14時から厚生労働省にて記者会見を開き、読売新聞、朝日新聞紙、交通新聞、共同通信社、TBSテレビ等の記者、関係者が参加していました。

今朝、TBSで放送されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150918-00000019-jnn-soci


11月1日【国際全労】全国際自動車労働組合 第6回定期大会のお知らせ

開催日時 2015年11月1日(日)

開始時刻 14時 (集合13時30分)

開催場所 東十条ふれあい館 (JR東十条駅 徒歩5分)

第一ホールB

北区東十条3-2-14 TEL03-3912-9357

乗務の予定もございますが、できるだけ参加の方、よろしくお願い致します。

後程、委任状を含めた案内状をお送り致します。

static

 


10月1日東京総行動に全労参加します。

国際自動車の争議の解決を目指して、東京総行動に参加します。組合員のみなさんの参加を訴えます。

東京総行動は、争議の解決を目指す行動です。何十年の伝統を持つ取り組みです。今回から、国際全労も参加することになりました。

1日も早い解決を目指す行動です。みなさんの参加を訴えます。

当日は、8:45に日本郵政前にお集まりください。

国際自動車の行動は、9:50からです。赤坂見附の国際自動車前です。よろしくお願いします。